ピクノジェノール 子宮内膜症

ピクノジェノールは子宮内膜症の症状緩和にも効果あり

ピクノジェノールは、月経困難症の治療薬としてだけでなく、子宮内膜症の治療薬としての特許も取得されています。

 

子宮内膜症とは、子宮内にしか存在しない組織が、子宮以外の場所にできる病気です。
さらに厄介なのは、それが増殖してしまうということです。

 

その範囲は、卵巣・子宮壁・骨盤・ダクラス窩・S字結腸・直腸・仙骨子宮靱帯・腟・外陰部・膀胱・腹壁・へそなどに及びます。

 

子宮内膜症は、月経が始まってから年数がたつほど増加し、10代でかかる方はごくわずかで、40代でピークを迎えるといいます。

 

また、月経周期が短く、月経の期間が長い人の方が内膜症になりやすいといわれていますが、子宮内膜がどのようにして子宮外のほかの臓器にたどり着くのかは未だ明らかになっていません。

 

月経痛と月経困難症が主要な症状で、年齢を経るごとに悪化していくという特徴があります。
後天性月経困難症の症状が見られたら、まず子宮内膜症が疑われます。

 

腰痛、下腹痛、仙骨部への痛みが見られ、そして最大の懸念として20〜70%の割合で不妊症を合併します。

 

また、妊娠経験のない女性に多く見られる症状であることも知られています。

 

このような子宮内膜症の治療に対して、ピクノジェノールが有望視されているのです。

ピクノジェノールが子宮内膜症治療に有望な理由

通常、症状の段階によっておおまかに待機療法、薬物療法、外科療法の3つの治療法があります。

 

初期の段階では待機療法、つまり経過の観察にとどめます。
これは子宮内膜症と不妊との関係が明らかになっていないためです。

 

補助療法として腹腔鏡下でブルーベリー・スポットの焼灼などを行ったりもします。

 

ついで薬物療法ですが、あくまで病変の退縮を目的とするもので、根絶は不可能とされています。

 

この薬物療法では、ホルモン療法が基本であるため、骨粗鬆症の危険があるなどの問題があります。
また、エストロゲンの分泌を抑える療法の場合、月経が起こらなくなる(そのため妊娠ができなくなる)などの副作用もあります。

 

そして3つ目は腹腔鏡下手術などの外科療法です。

 

ピクノジェノールは子宮内膜症が引き起こす痛みに対してその症状を緩和するという報告があります。
さらに子宮内膜腫の縮小にも有効性が示唆されました。

 

ピクノジェノールが子宮内膜症の治療に展望を与えている最大の理由は、医薬品のように大きな副作用がないことです。
子宮内膜症の女性のなかで、ピクノジェノールの摂取によって妊娠したという方も多く報告されています。

 

冒頭にてピクノジェノールが月経困難症と子宮内膜症の治療薬として発明特許を取得したことを述べましたが、日本だけでなくアメリカなど海外でも同様の特許が取得されているのを見ると、その有効性の高さは確実に認められつつあるのでしょう。

 

今後も更に研究を継続して欲しい分野ですね。

 

ピクノジェノール



関連ページ

ピクノジェノールの生理痛の症状緩和
ピクノジェノールは女性特有の症状改善に大きな効果が期待されています。 そのうちのひとつ、生理痛をはじめとする月経困難症に対しては、すでに鎮痛剤の代わりとして利用されている方も少なくありません。 ピクノジェノールの月経困難症(生理痛)への効果について見ていきましょう。
月経前症候群(PMS)の症状緩和
ピクノジェノールには月経前症候群(PMS)の症状を緩和する作用があるといわれています。 女性の八割が経験するこの症状に対して、ピクノジェノールはどのように効くのでしょうか? 毎月訪れる悩ましい症状に対処するために、月経前症候群(PMS)について詳しく説明していきます。
更年期障害の症状緩和
ピクノジェノールの効果として、更年期障害の症状の緩和があります。 現在行われている更年期障害へのホルモン療法は何が問題なのでしょうか? それらとピクノジェノールの違いは? 更年期障害に対するピクノジェノールの有効性などについて、詳しく見ていきましょう。
主婦性湿疹の症状緩和
ピクノジェノールは肌のトラブルに強い効果を発揮しますが、主婦性湿疹と呼ばれる肌の炎症にも有効だと見られています。 水仕事の多い職業の方や主婦の方に特有の症状で、強いかゆみをともなった皮膚疾患です。 再発しやすいものなので、しっかりと対策をして主婦性湿疹を防ぎましょう。

ピクノジェノールの効果効能 女性特有の症状改善効果 ピクノジェノールの副作用 ピクノジェノールのサプリ ピクノジェノールの化粧品