ピクノジェノール 生理痛

ピクノジェノールは生理痛を緩和する

ピクノジェノールの効果のなかでも、女性にとってかなり大きなウェイトを占めるのが生理痛の症状緩和でしょう。

 

女性のなかには、日常生活に影響するほどの激しい生理痛を経験する方も少なくありません。
このような症状は、医学用語で「月経困難症」と呼ばれています。

 

ピクノジェノールは、月経前症候群(PMS)や子宮内膜症の症状緩和など、女性特有の症状を改善する効果がありますが、この項目では月経困難症(生理痛)への症状緩和効果を見ていきましょう。

 

月経困難症(生理痛)への対応としては、薬局で手に入る鎮痛剤や非ステロイド系抗炎症薬を利用するのが一般的です。
しかし、早い効果が期待できる反面、胃への負担や深刻な合併症、甚大な副作用の懸念があります。

 

また、鎮痛剤はその利用を止めた瞬間から、すぐに痛みがぶり返すという欠点もあります。

 

一方で、ピクノジェノールは鎮痛剤の欠点を補うような有効な働きがあることが明らかになってきました。

ピクノジェノールが鎮痛剤に取って代わる?

ピクノジェノールは、月経困難症(生理痛)の原因となる物質の活性化を抑制する働きがあることが、臨床試験によって証明されました。

 

月経の一週間前よりピクノジェノールを摂取した結果、月経中の炎症を抑え、痛みが緩和されるといった効果が得られたのです。

 

月経困難症(生理痛)では、腹部に刺すような痛みと鈍痛がありますが、どちらもその症状が緩和されました。

 

痛みが軽減され、かつ痛みを感じる期間が短くなったことで、ピクノジェノールを摂取しているあいだは鎮痛剤服用量の減少も確認されたようです。

 

また、月経困難症(生理痛)だけでなく、ピクノジェノールは五十肩、肩こり、椎間板ヘルニア、関節炎、腰痛等の痛みにも有効性が示されました。

 

副作用の大きい鎮痛剤に代わって、ピクノジェノールがその役割を果たすようになるかもしれません。
既に、多くの女性が月経困難症(生理痛)の症状緩和のためにピクノジェノールを利用しています。

 

鎮痛剤と違って、ピクノジェノールの摂取を辞めても痛みがすぐにぶり返すといいう事もないのが嬉しいですよね。

 

もちろん、継続利用が重要なのは言うまでもありません。

 

ピクノジェノール



関連ページ

月経前症候群(PMS)の症状緩和
ピクノジェノールには月経前症候群(PMS)の症状を緩和する作用があるといわれています。 女性の八割が経験するこの症状に対して、ピクノジェノールはどのように効くのでしょうか? 毎月訪れる悩ましい症状に対処するために、月経前症候群(PMS)について詳しく説明していきます。
子宮内膜症の症状緩和
ピクノジェノールは子宮内膜症の症状の緩和にも効果があるといわれています。 不妊との関係においてもしばしば取り沙汰されている子宮内膜症について詳しくみていきましょう。
更年期障害の症状緩和
ピクノジェノールの効果として、更年期障害の症状の緩和があります。 現在行われている更年期障害へのホルモン療法は何が問題なのでしょうか? それらとピクノジェノールの違いは? 更年期障害に対するピクノジェノールの有効性などについて、詳しく見ていきましょう。
主婦性湿疹の症状緩和
ピクノジェノールは肌のトラブルに強い効果を発揮しますが、主婦性湿疹と呼ばれる肌の炎症にも有効だと見られています。 水仕事の多い職業の方や主婦の方に特有の症状で、強いかゆみをともなった皮膚疾患です。 再発しやすいものなので、しっかりと対策をして主婦性湿疹を防ぎましょう。

ピクノジェノールの効果効能 女性特有の症状改善効果 ピクノジェノールの副作用 ピクノジェノールのサプリ ピクノジェノールの化粧品