ピクノジェノール 更年期障害

ピクノジェノールは更年期障害の症状緩和にも有効?

ピクノジェノールは女性特有の様々な症状改善に効果がありますが、更年期障害に対してもその有効性への期待が高まっています。

 

更年期障害とは、簡単にいえば女性ホルモンの分泌低下によって引き起こされる諸症状です。
おもに性成熟期から生殖不能期への移行期である45歳〜55歳の間に起こることが多く、早い人では40歳から始まり60歳まで続く人もいます。

 

最近では、男性にも男性ホルモンであるテストステロンの低下によって更年期障害が発生するケースも増えてきていますが、ここでは女性の更年期障害にのみ的を絞って話を進めさせていただきます。

 

医師により「更年期障害」と診断される人は、更年期女性の2〜3割ほどいるようです。
症状としては心身両面に現れてくることが多く、とくに

 

  • 自律神経失調症様の症状
  • 脈が速くなる(頻脈)
  • 動悸がする
  • 血圧が激しく上下する
  • 腹痛
  • 微熱
  • ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)
  • 多汗
  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 肩こり
  • 不眠
  • 疲労感
  • 口の渇き
  • のどのつかえ
  • 息切れ
  • 下痢
  • 便秘
  • 腰痛
  • しびれ
  • 知覚過敏
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 性交痛
  • 生理不順

 

などが報告されています。

 

さらに精神症状として、ヒステリー情緒不安定やイライラ、抑うつ気分などの症状が現れることも多いようです。

 

治療法としてはホルモン療法がありますが、乳がん、心臓病、脳梗塞、アルツハイマー病等の恐れがあり、そのリスクと副作用が懸念されています。

 

そこでピクノジェノールを使った臨床試験を行ったところ、明らかな更年期障害の症状の緩和が確認されたとの報告があります。

 

ただ、現状では副作用のない安全な治療法としては、プラセンタ療法の方に趨勢があるといえます。
メルスモン注射は保険も適用され、厚生省より承認も受けているため、今後もプラセンタ療法が医療現場で扱われ続けるでしょう。

 

ピクノジェノールとプラセンタを同時に使ってはいけないという事はありませんので、併用して利用することで、より効果を高められます。

 

体質や合う・合わないなどの個人差もありますから、様々な治療法を知っておくのも悪くはないでしょう。

 

ピクノジェノール



関連ページ

ピクノジェノールの生理痛の症状緩和
ピクノジェノールは女性特有の症状改善に大きな効果が期待されています。 そのうちのひとつ、生理痛をはじめとする月経困難症に対しては、すでに鎮痛剤の代わりとして利用されている方も少なくありません。 ピクノジェノールの月経困難症(生理痛)への効果について見ていきましょう。
月経前症候群(PMS)の症状緩和
ピクノジェノールには月経前症候群(PMS)の症状を緩和する作用があるといわれています。 女性の八割が経験するこの症状に対して、ピクノジェノールはどのように効くのでしょうか? 毎月訪れる悩ましい症状に対処するために、月経前症候群(PMS)について詳しく説明していきます。
子宮内膜症の症状緩和
ピクノジェノールは子宮内膜症の症状の緩和にも効果があるといわれています。 不妊との関係においてもしばしば取り沙汰されている子宮内膜症について詳しくみていきましょう。
主婦性湿疹の症状緩和
ピクノジェノールは肌のトラブルに強い効果を発揮しますが、主婦性湿疹と呼ばれる肌の炎症にも有効だと見られています。 水仕事の多い職業の方や主婦の方に特有の症状で、強いかゆみをともなった皮膚疾患です。 再発しやすいものなので、しっかりと対策をして主婦性湿疹を防ぎましょう。

ピクノジェノールの効果効能 女性特有の症状改善効果 ピクノジェノールの副作用 ピクノジェノールのサプリ ピクノジェノールの化粧品