ピクノジェノール 抗酸化

ピクノジェノールの抗酸化作用

ピクノジェノールの効果のなかでも、高酸化作用は代名詞ともいえるほどの特徴です。

 

その抗酸化力はビタミンEの約170倍、ビタミンCの約340倍ともいわれ、世界中の科学者から注目を集めています。

 

この抗酸化作用によって、ピクノジェノールの70種類にも及ぶ多種多様な効果が派生しているのです。

 

それを詳しく知るために、そもそも抗酸化作用とは何か?という点から説明していきましょう。

抗酸化作用とは

簡単にいってしまえば、抗酸化作用とは活性酸素から体を守る作用のことをいいます。

 

生物は酸素を取り込んで生命活動を行っていますが、その一部が反応性の高い化合物に変化しています。
それが活性酸素です。

 

それに対して生体は防御機構として活性酸素消去能力を働かせますが、活性酸素によって一日に細胞あたり数万から数十万個のDNAが損傷を受けています。

 

このDNA損傷は通常すぐに修復されるのですが、活性酸素の量が多くなったり、加齢によってDNA修復能力が落ちたり、以下のような環境由来によって損傷と修復の均衡が崩れることがあります。

 

  • 紫外線照射
  • 波長の短い電磁波の照射
  • ある種の植物毒素
  • タバコの煙
  • 放射線療法

 

細胞の老化とともにDNAの修復能力が落ち、損傷の発生頻度に追いつかなくなると、損傷はどんどん蓄積されていきます。

 

やがて細胞が死滅し、体の各器官において多くの細胞がそのような状態になると、病気の症状として現れるようになります。

 

活性酸素を除去することで、こうしたDNA損傷を抑えることができます。

 

また、活性酸素は生体にとって重要な役割を果たす一酸化窒素と結びつきやすく、その作用を消滅させてしまいます。

 

一酸化窒素は神経伝達物質として働いたり、免疫機能の強化や血管拡張作用を持っていたりしますが、それがピクノジェノールの効果として現れているのです。

 

活性酸素には四つの種類があり、細かいことを言い出せばきりがありませんが、ピクノジェノールの抗酸化作用は、そうした体内で悪さをする活性酸素を除去し、細胞老化やそのもととなるDNA損傷を抑えているのです。

 

抗酸化作用がアンチエイジングに直結する理由がご理解いただけたでしょうか?

活性酸素は女性の敵

ピクノジェノールが女性に大人気なのは、活性酸素によって出る影響が女性にとって大問題だからです。

 

肌にできるしみやしわ、これも肌の細胞が活性酸素によって酸化されたから現れるものであり、酸化が老化に密接に関係している証拠でもあります。

 

紫外線の照射によって肌表面の細胞内に活性酸素が発生しますが、それを防ぐために生体の防御機構としてメラニンを発生させ、肌を黒くし真皮へのダメージを最小限にします。

 

しみは体の防御反応の現れともいえますが、加齢とともにDNAの修復能力が落ちるのは上記にて述べた通りです。

 

皮膚内のコラーゲンやヒアルロン酸などの保水成分、セラミドやエラスチンなどの張り・弾力を保持する成分の減少は、まさに皮膚が酸化していることが原因です。

 

ゆえに、年齢が進むほどにしみや小じわが増えてしまうのです。

 

ピクノジェノールはそうした酸化から身体を守る強力な抗酸化作用を持っています。

 

それが、ピクノジェノールが「飲む化粧品」といわれる所以です。

 

ピクノジェノール



関連ページ

ピクノジェノールの美肌効果
ピクノジェノールは「飲む化粧品」ともいわれており、美肌効果が期待されています。 そのメカニズムは、ピクノジェノールが肌の老化を防ぐことにあります。 肌の酸化・老化を防ぐアンチエイジング効果についてみていきましょう。
ピクノジェノールのアンチエイジング効果
ピクノジェノールはアンチエイジングに効果があるといわれていますが、その理由はなんでしょうか? 老化の原因とされる酸化と糖化。 このうち酸化を引き起こす活性酸素に対して、ピクノジェノールは高い抗酸化作用によって対抗します。 これがピクノジェノールのアンチエイジング効果です。 詳しく見ていきましょう。
ピクノジェノールはADHDも改善
ピクノジェノールはアメリカではADHDの症状改善に効果があるとして特許認証されています。 ではそのADHDとは一体なんでしょうか? 日本でも問題が顕在化しつつあるADHDと、それに対するピクノジェノールの効果について詳しくみていきましょう。
大人でもADHDになる?成人期の発症でのピクノジェノールの効果
最近、大人でもADHDを発症するというニュースが出て、話題になりました。 しかも小児期のADHDに比べ、より症状が重くなるといわれています。 この成人期のADHDにもピクノジェノールは効果を発揮するのでしょうか? 小児期のADHDと比較して検討していきます。
紫外線防止効果
ピクノジェノールは紫外線を防止する効果もあると言われていますが、それはどのようなメカニズムなのでしょうか? 肌の老化を防ぎ、いつまでも若々しくありたいと願っている方にとって、紫外線対策は絶対必須です。 ピクノジェノールと紫外線について、詳しく見ていきましょう。
男性が飲んだ場合の効果
ピクノジェノールは女性にとって嬉しい効果の多いサプリメントですが、男性が摂取した場合はどうなのでしょうか? 男性機能の向上や、EDの治療、薄毛・ハゲの改善、加齢臭の改善など様々な効果が謳われていますが、男性にどのように作用するのか? ピクノジェノールを男性が飲んだ場合の効果について詳しく見ていきます。
ピクノジェノールはニキビ治療にも好成績
ピクノジェノールは美肌に効果があるといわれていますが、ニキビへの治療にも顕著な改善が報告されています。 大人ニキビは思春期ニキビと違い、放置しておくと肌に悪影響を及ぼします。 いますぐ治して、ニキビ跡やしみになってしまう事を防ぎましょう。 ピクノジェノールの大人ニキビへの効果について説明していきます。
慢性疲労症候群の改善効果
ピクノジェノールは疲労回復にも大きな効果がありますが、慢性疲労症候群にもその有効性がみられています。 慢性疲労症候群とは? いまだ認知度が高くないこの病気とピクノジェノールの関係についてお伝えしていきます。
アトピー性皮膚炎
ピクノジェノールがアトピー性皮膚炎の症状改善にも効果があるという報告があります。 これは、ピクノジェノールに含まれるフラボノイドが抗炎症作用を持つためです。 皮膚の炎症を抑え、肌を健康的に再生させる働きを持つピクノジェノールは、眠れないほどのかゆみに悩まされるアトピー性皮膚炎患者の救世主になるかもしれません。
冷え性や肩こりにも効果あり
ピクノジェノールは女性を悩ます様々な症状に効果がありますが、【冷え性】や【肩こり】にも威力を発揮します。 血行不良が原因のこれらの症状、実は甘く見てはいけません。 よくある症状だからといって放置しておくと、肌トラブルや肌老化を引き起こしてしまいます。 辛い肩こりや冷え性から解放されるためにも、今すぐ対処しましょう。
ピクノジェノールの鎮痛作用
ピクノジェノールには鎮痛作用が認められたいます。 しかも高い安全性を持っています。 鎮痛剤にひそむ危険性と、ピクノジェノールをお勧めする理由についてお伝えしますので、ぜひ参考にして下さい。

ピクノジェノールの効果効能 女性特有の症状改善効果 ピクノジェノールの副作用 ピクノジェノールのサプリ ピクノジェノールの化粧品